公務員への転職という選択肢

 転職で最も多いのは、おそらくは民間企業から民間企業へというケースだと思います。それに比べたらメジャーな位置づけではありませんが、転職には民間企業だけでなく、公務員になるという道もあります。昨今の不景気なご時世によって公務員の安定性に目を付けるサラリーマンが多いため、公務員への転職は狭き門だとされていますが、私の身近な人間で二人、公務員への転職に成功した人がいます。彼らは二人とも「民間企業経験者枠」で地方上級行政職に合格・採用されました。また同時に、これも二人とも市役所の一般行政職にも合格しています。

 

 民間企業で仕事をしながら公務員試験の勉強をするのは大変なことで、彼らは予備校にも通えず、参考書だけで独学の試験対策をしていました。試験当日までろくに勉強もできないままでしたが、事前に提出する応募書類だけは完璧に仕上げており、筆記試験さえ通過できれば合格できるという自信があったそうです。二人から聞いた合格の秘訣は、民間経験者なのだから職務経験をいかにして公務に結び付けるかというシナリオを書類でも面接でもアピールした・筆記試験はある程度の基礎学力があれば不十分な勉強でもクリアできる・肝心なのは民間から公務員を志した志望動機をどれだけ説得力をもって語れるかということ、だそうです。狭き門とはいえ、受かる人は一発で2つの合格切符を勝ち取れるのです。民間企業で培ったビジネスセンスは、公務員の世界でも発揮できるものですし「お役所」が欲しているものでもあるのですね。