転職活動でなかなか上手く行かない時のアドバイス

採用が決まっても条件で転職を決めきれない場合

 選考試験で、採用が決まっても転職希望者にとって、なかなか決断が出来ない人がいます。たいていの場合は先方が提示した条件について、気に入らない場合が多いです。しかし、先方からの条件で内定を断るのはもったいないので、条件に関する先方との交渉を行う事が重要です。基本的には、すぐに交渉を行う事は避けて、時間をおいて冷静に交渉を望む事が大事です。条件で交渉する場合は、あくまでも入社の意思を持つ事が前提です。

 

転職活動中におけるモチベーションが下がる場合

 多くの会社に応募をする事を考えている場合は、多くの面接などの予定が入ってくる事は当たり前です。不採用通知が続いて、転職活動中にやる気のエネルギーが切れてきて、泥沼にはまってしまう可能性もあります。モチベーションを揚げるために自分を励ます事が前提ですが、エージェントと相談したり、家族や知人と転職について語る事もモチベーションを上げるコツです。

 

諦めない事が転職活動の基本である

 転職活動が完全に終わるまでのスケジュールにおいて、簡単に転職活動が終わるほど甘くはないです。仕事に就いている時の忙しさよりも、忙しい毎日を送る可能性もあります。基本的にはどんな事があっても諦めない事が大切で、家族や友人の助けも借りながら転職活動のモチベーションを維持する姿勢はとても大切です。