同じ業種内で転職する場合の注意点

 転職は大きく分ければ、同じ業種の別の会社へ転職する場合と、違う業種に転身する場合とがあります。ここでは前者のケースについて、面接のときの注意点をかんたんにお話しすることにしましょう。新卒とちがい、転職の場合は、面接で仕事に関してかなり具体的な質問をされると想定されます。それにそなえる意味でも、前の会社でどんな仕事をしたか、職歴欄にある程度具体的に記入することをおすすめします。そのほうが、面接官が質問をしやすくなるからです。また、職歴欄を充実させることで、自分の経験した仕事について、頭の中で整理もできるのです。ただし、職務経歴書を提出する場合は、そのかぎりではありません。細かい仕事の内容は職務経歴書に記入することになりますから、履歴書の職歴欄は簡潔にすべきです。

 

 さて、実際の面接で一番注意しなければいけないのは、前の会社の内情について、できるだけ発言を控えること。同業他社は、つまり「ライバル会社」なのです。そのライバル会社の内情を面接でぺらぺらしゃべってしまう人間に、面接官は信頼を感じることはできません。「信用のできない人間だ」と判断されていまうのです。ですから、もし面接官から内情に触れるような質問をされても、「それに関しては、私の立場で多くを語らないほうがいいと思います」というように、お茶を濁したほうが無難でしょう。あくまでも「キャリアップ、スキルアップのための転職」ということのみをアピールすべきです。また、前職でのキャリアについても、あまり誇大に報告しないほうがいいでしょう。客観的に自分のキャリアを見つめ、むしろ控えめな答えを返したほうが、好感をもたれます。以上、同業他社への転職を考えている方は、参考になさってはいかがでしょうか。