転職を成功させるコツは意識の転換

 転職サイトも大手から専門分野に特化したものまで様々な種類のものがあります。

 

 少し前と比較すると転職に踏み切りやすい環境が整っている状況です。

 

 転職サイトに登録して、エージェントのアドバイスも受けながらも転職がうまくいかない人もおります。

 

 転職を成功させるには自分の意識の転換が必要なことは自分で気づきにくいポイントです。

 

 転職をするということは、一度は社会人になっているということ。

 

 その点が、フレッシャーズとの一番の相違点です。

 

 社会人経験が長いほど、悪くいえば慣れきった感覚が知らず識らず見についてしまっています。

 

 転職がうまくいかない人は、面接のときにその慣れきった感覚が出てしまった場合が多いです。

 

 一度でも採用する側にたてばわかるのことなのですが、面接官は応募者の一挙一動を注視していますし、その面接官が決裁権を持っていない場合には状況をメモにとって上席に報告もします。

 

 また、採用する側にとっては、転職者であっても、その会社にとっては新人です。採用した後にうまく会社に馴染んでくれるほうがいいわけです。

 

 転職者にとっては、何度目かの会社かもしれませんが、相手先の会社にとっては初めての人です。

 

 その点を節度をもって真摯な態度で面接に臨むことが大切です。

 

 経験者を求めるといっても、いびつな社会経験を求めているわけではありませんので。

 

 どんなに社会人経験があっても、フレッシャーズの頃の気持ちで対応すれば結果はついてくると思います。